スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                      

           
  • ジャンル :

WordCamp TOKYO 2012に行ってきました。

本日、東京の大田区産業プラザで行われたWordCamp TOKYO 2012に行ってきました。今年は、phpカンファレンス2012と共同開催だったようです。かなりの数の人が来ていて、WordPress人気を実感しました。

WordCampというのは、オープンソースのブログソフトであるWordPressに関するイベントです。初参加だったのですが、趣味でWordPressをいじっている私でさえ有益に感じたので、仕事などで利用している方にとっては朝から晩までフル参加したいイベントなのかもしれません。

さて、まず第一にお伝えしたいのが、現状チャレンジするには敷居の高いWordPressが、今後WordPressが私のような素人にとってより身近に、そして手軽に利用できるようになるということです。

そもそもWordPressはメジャーなCMSツールで、サイトの更新やカスタマイズをウェブ上で行える点に大きなメリットがあります。いちいちホームページ作成ソフトを立ち上げて、ページを作ってFTPソフトでアップロードするといった面倒くささが解消されます。

WordPressは、さくらインターネットロリポップなどのレンタルサーバには一瞬でインストールしてくれる機能が搭載されており、インストール段階の煩雑さは回避できますが、カスタマイズに相当程度の専門知識を要します。標準テーマをもとにして改造するのも苦労します。素人にはかなり敷居が高いと言えるでしょう。

しかし私は今日、とある会社の担当者さんにソフトのデモンストレーションしていただき、ちょっと涙が出てしまったくらい感激したのです!←本当デス(笑)
たいへん丁寧な解説と質問回答、マンツーマンでおそらく30分ほど私のために対応をしてくださいました。とにかく感謝したいと思います。

とある会社というのは、株式会社ジャストシステムです。

ジャストシステム社が、来月10月5日に、ホームページ・ビルダー17を発売します。このソフトがとにかくスゴイのです。画期的。従来からの機能に加え、新機能であるWordPressデビュー機能が搭載されています!!具体的な機能は書きつくせないのでサイトを見ていただけたらと思いますが、ソフトの使い方さえ覚えれば、インストール、テーマ選択、カスタマイズ、ウェブサイト公開、ウェブサイト更新までかなり手軽にできそうです。

これまでも、ホームページ作成ソフトでWordPressをカスタマイズできないことはありませんでしたが、とてもやっかいでした。しかしそれが今回、ホームページ・ビルダー17によって解消されると思われます。

思えば私が初めてウェブサイトを作った時に使ったソフトがホームページ・ビルダー6でした。その時はまだIBM社が開発をしていましたが、今はジャストシステム社が開発しています。

私は今度このソフトを購入し、マニュアル本で操作方法を勉強する予定です。有料自習室の事業者様もいかがでしょう。最先端のレスポンシブウェブデザインを適用した素敵なコーポレートサイトを自分で作れると思うのですが。

さて、ホームページ・ビルダー17のお話はこの辺にして、次に参加したセッションについて書いておきます。4つほど参加してみました。

・WordPressでOGPを自由自在にコントロール(白坂翔氏)
餅は餅屋、デザインはデザイン事務所で。株式会社ピチカートデザインの代表白坂さん。以前の記事はこちら

・Twenty Tenをレスポンシブ化したら勉強になったよ(深水一馬氏)
個人的に一番興味深かったのが、深水氏のセッションですね。レスポンシブウェブデザインて素晴らしいと思います。

・WordPressのテーマ編集時に覚えておきたいID名やClass名(豊田有氏)
難しかったのですが、こんなに使いこなせてうらやましいなあと(笑)

・マルチサイト&BuddyPressでコミュニティサイト運営(星野邦敏氏)
このプラグインを用いることでWordPressがSNSに大変身。P2テーマの複雑バージョン?

以上です。

行ってみて良かったと心から思えるイベントでした!                       

           
調べてみました!
考察・思考
お願い
当サイトにおける掲載内容やリンクなどで問題がある場合、お手数ですがメールにてご連絡ください。速やかに削除致します。jisyuusitsu@yahoo.co.jp
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。