スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           
  • ジャンル :

15分でわかるiPS細胞!?

12月10日に、京都大学の山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞式が行われましたね。

iPS細胞とは何でしょうか。

iPS細胞の知識がまったくと言ってよいほど無かったので調べることにしました。
「ビックリするほどiPS細胞がわかる本」(北條元治著、ソフトバンククリエイティブ)
「iPS細胞がわかる本」(独立行政法人科学技術振興機構(JST)日本科学未来館著、PHP研究所)
ウィキペディア
などの記述を引用しながら、まとめてみたいと思います。

iPS細胞(induced pluripotent stem cell)は、人工多能性幹細胞のことで、万能細胞(多能性幹細胞)の1つです。万能細胞とは、あらゆる細胞に変化できて、傷も治すことができる能力(多分化能)と、変化しても細胞分裂を行うことで自分自身のコピーを生み出し、その万能性を失わない能力(自己複製能)を併せ持っている細胞です。万能細胞は、いわば幹細胞(臓器を修復する能力を持つ特別な細胞)の王様であり、その代表的なものに受精卵があります。また、iPS細胞が登場するまでに受精卵以外で着目されていた万能細胞に、ES細胞(胚性幹細胞)があります。ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできているそうですが、最初はたった1個の受精卵という細胞だったわけで、その万能性ゆえに多数の臓器を持つヒトが今存在しているわけです。

山中教授らは、レトロウィルスというウィルスの力を借りて繊維芽細胞と呼ばれる皮膚細胞に4種類の遺伝子(いわゆる山中因子、ヤマナカファクター:Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc)を人工的に組み込み、細胞の初期化(リプログラミング)をするによって、万能細胞であるES細胞のような多分化能と自己複製能を持った細胞の作製に成功しました。これがiPS細胞です。皮膚細胞は、受精卵から分化した表皮幹細胞(皮膚を修復する能力を持つ特別な細胞)が作った体細胞ですが、幹細胞やそれが作った体細胞から万能細胞を作製することはそれまでできませんでした。しかし、山中教授らがそれを実現しました。患者自身の体細胞からiPS細胞を作製できれば、例えば人間と豚とのキメラ(混合動物)を臓器工場として拒絶反応のない組織や臓器を作製でき、それを移植できるようになるのです。再生医療(細胞を用い、臓器を細胞レベルでコピーする医療)が現実のものとなる日が遠い将来ではなくなったといえます。

ヒトの体を構成する60兆個の細胞は、実は等しく万能の体の設計図(=遺伝子←DNAという鎖状の物質に保存されている)を持っているそうです。遺伝子が保存されているDNAは、ヒストンというタンパク質にぐるぐると巻きついており、そのヒストンにアセチル基を付けてアセチル化すると、DNAの巻きつきがゆるんだ状態となります。イメージとして、例えば上記の表皮幹細胞のDNAは、皮膚の部分だけカギが外されて巻きつきがゆるんだ状態で、逆に皮膚の部分以外にはカギがかけられて巻きつきがきつい状態です(エピジェネティクス)。この場合、表皮幹細胞は皮膚しか作ることができません。一方、万能細胞たるiPS細胞は、いわばそのカギを人工的に全部外して、すべてのDNAの巻きつきをゆるんだ状態にすることに成功した細胞ということになります。

ここで、ES細胞(胚性幹細胞、embryonic stem cell)について考えたいと思います。ES細胞も万能細胞であり、1998年に米国ウィスコンシン大学のジェームズ・トムソン教授らが作製しました。ならば、ES細胞で十分ではないかという疑問が浮かぶわけです。しかし、ES細胞は、その作製過程に倫理上の重大な欠点が存在します。
ES細胞は、受精卵が胚盤胞と呼ばれる段階にまで発生したところで取り出し、フィーダー細胞 (feeder cell) という下敷きとなる細胞と一緒に培養をすることで作製されます。
このように、ES細胞は作製にあたり受精卵を材料として用い、人間のもと(生命の萌芽)の受精卵を壊して得られるため、倫理的に問題があるとされるのです。

この点、iPS細胞の作製過程は受精卵を材料とすることはなく、体細胞を材料として初期化しますから、上記ES細胞の倫理的な問題は生じません。受精卵を壊すことなく万能細胞を作製したいという山中教授の願望がiPS細胞開発のきっかけになったと言われており、iPS細胞の作製成功はまさにその願望がかなったわけで、しかもそれが世界中の人々にメリットをもたらしてくれます。

ところで、iPS細胞は、実はがんの研究とも非常に密接な関係があります。というのも、iPS細胞は当初がん遺伝子(c-Myc)を山中因子の1つとして導入し作製され、そのiPS細胞を移植したマウスの3分の1にがんができたからです。2011年に、がん遺伝子を使わずに作製することに成功していますが、そもそも、iPS細胞にせよ、ES細胞にせよ、生体外で万能細胞を増殖させ続けると遺伝子異常が生じ、がん化する可能性があるのだそうで、まだその安全性の問題は解決に至っていません。
しかし逆に考えると、この異常に対し、iPS細胞作製過程の初期化技術を応用できれば、がん細胞を正常に戻し、根本的な治療ができるといわれているようです。

ちなみに、iPS細胞のiを敢えて小文字にしたのが、アップル社の「iPod」にあやかったという話は、有名な話ですよね?!笑

以上になりますが、この投稿を読んで興味が湧いた方は、「ビックリするほどiPS細胞がわかる本」(北條元治著、ソフトバンククリエイティブ)や「iPS細胞がわかる本」(独立行政法人科学技術振興機構(JST)日本科学未来館著、PHP研究所)」をぜひ購入して読んでみてください。とてもためになる本でした。また、下記関連サイトも閲覧してみましょう。

関連サイト
京都大学 iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)
文部科学省 iPS細胞等研究ネットワーク

iPS細胞関連の主な取り組み(2012年11月28日日経新聞朝刊、証券コード加筆)
☆試薬の販売
リプロセル、和光純薬工業、タカラバイオ<4974>

☆画像解析
ニコン<7731>、大日本印刷<7912>

☆培養装置
日立製作所<6501>、島津製作所<7701>、パナソニックヘルスケア

☆創薬への利用
大日本住友製薬<4506>、エーザイ<4523>、武田薬品工業<4502>など

この他にも、いわゆるiPS関連銘柄はたくさんあります。

2014年1月2日追記
リプロセルは2013年6月26日に上場しました。→リプロセル<4978>           
スポンサーサイト

『つながりの仕事術「コワーキング」を始めよう』を読んで。

『つながりの仕事術「コワーキング」を始めよう』 佐谷恭・中谷健一・藤木穣

最近出版された『つながりの仕事術「コワーキング」を始めよう』を読みましたので、私なりの感想を綴りたいと思います。

この書籍は、コワーキングやコワーキングスペースについて書かれたものです。

コワーキングとは何でしょうか。全く知らない方も多いかと思いますので、著者の一人である佐谷氏(PAX Coworking)による定義を引用させていただきます。

コワーキングとは、異なる職業や仕事を持った人が集って仕事場を共有することであり、コミュニケーションを積極的に取ることで知恵と情報をシェアし、高め合って行こうという発想のワークスタイルです。P.16


この定義を見る限り、「仕事場」の条件は書かれていません。したがって、どこであっても集った人がその場所を仕事場と思えばコワーキングができそうです。
しかし、実際には電源やWiFiが使える空間が利用されているのが通常で、この空間のことがコワーキングスペースと言われています。そのため、ややもすると"コワーキングというのはコワーキングスペースでなされるもので、コワーキングスペースという空間そのものが最も大切である"かのような固定観念ができあがってしまいそうですが、佐谷さんは次のように書かれています。

コワーキングに必須なのは場所ではなく、「人が集うこと」P.61


レンタルオフィスなどと明らかに違うのがまさにここだといいます。あくまでも重点は、空間たるコワーキングスペースではなく、人の集いを前提としたコワーキングに置かれているわけです。

このように、コワーキングを知る上で重要なことの1つとして、その意味を丁寧に理解することがあるのだと思いました。そして、実際に体験してみるとこれが実感できるのでしょうね。

これがわかっただけでも、この本を読んだ価値は十分にあるのですが、加えて私が有益だと感じたのは、アメリカを発祥の地とするコワーキングないしコワーキングスペースが、短期間で世界的に広まってきた様子が書かれていることです。また、海外におけるコワーキングに対する考え方や、海外の有名なコワーキングスペースの情報も得ることができました。

印象的だったのが、座談会における藤木氏の発言。
海外でコワーキングをしている外国人にコワーキングをしている理由を聞くと金銭面でのメリットが回答されるといいます。この点について、次のようにおしゃっています。

「向こうの場合は、見ず知らずの他人とも気軽に話せるということが文化的なコモンセンスになっちゃってるから、参加者同士でコミュニケーションを取れることがメリットとは思われていない」P.175、176


海外ではコワーキングが一部でだいぶ浸透しているということなのでしょう。

ところで、私がコワーキングスペースの存在を知ったのは、2011年の7月です。勉強カフェ山村社長とのメールのやり取りの中で教えてもらったのがきっかけです。それにより私はコワーキングスペース対して興味を抱きました。「有料自習室ナビ」を運営しているせいか、当初はコワーキングよりも、コワーキングスペースに興味を持ってしまったというのが本音ですが。そして、私は「有料自習室ナビ」に続き「コワーキングスペースナビ」というサイトを作ろうと構想を練りました。しかし、公開する直前にやめた経緯があります。というのも、実際にコワーキングを体験したことが無く、コワーキングをする予定もない私のような人間が「コワーキングスペースナビ」などというサイトを開設するわけにはいかないと考えたためです。

とはいえ、その後もコワーキングスペースに関する関心は途切れていません。だからこそ今回書籍を購入してレビューまで書いています(笑)
そしてひとたび思いとどまった「コワーキングスペースナビ」ではありましたが、今後「ビジネススペースナビ」というサイトでコワーキングスペースの基本情報も掲載させていただければと思っています。きっかけは、名古屋の栄に最近出来たコワーキングスペースMYCAFE SAKAEさんから情報掲載依頼をいただいたことです。嬉しかったですね。

コワーキングでは、人とのコミュニケーションが重視されるとのこと。不向きな人もいるでしょうし、あるいはそういう仕事の仕方そのものに対する否定的な意見などもあるようです。しかし、人それぞれ一番良いと思うスタイルが一番良いのでしょうね。いろいろなスタイルがあってよいのだと思います。

今後、全国各地に個性あるコワーキングスペースがたくさんできることを私も楽しみにしたいと思います。そして私自身も、気に入ったコワーキングスペースを利用する時がくれば思います。

レビューのつもりが自分なりのコワーキングの知識の整理に近くなってしまいましたが、コワーキングに興味のある方は、『つながりの仕事術「コワーキング」を始めよう』読んでみてください!

<参考>
日本のコーワーキングスペースの元祖
Cahootz(カフーツ)(兵庫・神戸市)←日本初
PAX Coworking(東京・世田谷区)←東京初

「コワーキングスペース」を見学してきました!2011-10/15 (Sat)
↑この記事内で、PAX Coworkingさんのことを日本初のコワーキングスペースと書いていますが誤りです。正しくはカフーツさんでした。これも『つながりの仕事術「コワーキング」を始めよう』で知りました!

2014年12月7日追記
MYCAFE SAKAEは、その後LEGARE CAFE SAKAEに屋号を変えて運営されております。           

消しゴムについて

私は小学生の時から文具が大好きで、ここ最近は"消しゴム熱"が再燃しています。もう何回目でしょうか(笑)

こんな消しゴムが欲しいのです!
「シャーペンで書いた文字について他を圧倒する消字性を持ち、そしてある程度ソフトながらも軽いタッチで消すことができ、消しくずがよくまとまり、細長い形をした消しゴム」

しかし残念なことに、これを満たす消しゴムには出会えていません。しいて言えば、「FOAM ERASER W マークシート用」が良いです。ただ、かなりハード・・・。


それはさておき、ここからが肝心な話。消しゴムに関するこんな事実を知ってしまったので、ぜひ皆さんも知って驚いてください! 

消しゴムといえば、少し品揃えの良い文房具店に行けばたくさんのメーカーの消しゴムが色々並んでいます。専門店では、製図やデッサンのコーナーに行くと、一般のコーナーよりも多くの種類の消しゴムに出会えることがありますね。

しかし、実は消しゴムを製造している会社は非常に限られており、世に出回っている消しゴムの多くがその限られた数社によってOEM供給(Original Equipment Manufacturer:相手先ブランド名による製造)されているというのです。まさかここまでOEM三昧だったとは!!、

日本字消工業会によると、ここに登録している会社は現在わずか7社。そのうち、通常の事務用などの消しゴムを製造している会社は以下の4社です。(もちろん登録していない会社もあるのでしょうが、考慮外として差し支えないでしょう。)

株式会社シード(01)http://www.seedr.co.jp/
代表的な自社ブランド製品:Radar

ヒノデワシ株式会社(06)http://www.hinodewashi.co.jp/
代表的な自社ブランド製品:まとまるくん

ラビット株式会社(11)http://www.rabit.co.jp/
代表的な自社ブランド製品:FOAM ERASER W
ただし、販売は親会社である株式会社サクラクレパス。

ぺんてる株式会社(13)http://www.pentel.co.jp/
代表的な自社ブランド製品:Ain

以上の4社が一般的な日本ブランドの消しゴムの大半を製造しています。カッコ内の数字は、日本字消工業会によって「安全性」「品質・性能」が保証されたことを示すクリーンマーク上の番号を示しており、このマークは消しゴムのスリーブに記載されています。例えば、知らない人はいないトンボのMONOブランドの消しゴム。この消しゴムのスリーブには「01」のクリーンマークが記載されています。したがって、MONO消しゴムは株式会社シードによりOEM供給された製品なのです。

やはり大手の総合文房具メーカーは特に流通やプロモーションといった点でマーケティング力が優れているため、消しゴムメーカーにとっては規模の経済などOEM供給のメリットが自社ブランドのみで販売するメリットを上回るのでしょう。

上記4社の技術は本当にすごいと思います。日本ブランドの消しゴムはとにかく素晴らしい。たまに海外の消しゴムを使ったりもしますが、日本のこれらのメーカーの製品にかなうものはないです。

最後に、この記事では「消しゴム」という言葉を広義に解して使ってきました。「消しゴム」は、狭義には天然ゴムや合成ゴムで作られたものを言うようです。普段よく使っているいわゆるプラスチック消しゴムは、ゴムではなくポリ塩化ビニル(PVC)製であり、「字消し」というのが適切らしいですよ。

(参考サイト)
歴史研究家になりたいグウタラ願望の社長のブログ(株式会社マルハチ 代表取締役 八木幹雄さん)
http://yaplog.jp/bmaru8/archive/2170
画像付きでわかりやすいのでぜひアクセスしてみてください!!           

スロージョギング・ダイエット

現在ダイエット中です。体重を10キロ落とすことを今年の目標の1つとしています。しかし、これがなかなか落ちず困っていたところ、偶然にも「スロージョギング」という言葉を目にしました(2月25日の日経プラス1にて)。

健康のために簡単にできる運動といえば、ランニング、ジョギング、ウォーキングなどが代表的です。このうち、ランニングは実は相対的に脂肪燃焼には効果的でないそうです。ジョギングやウォーキングの方が効果的で、特にスロージョギングというものが効果的なのだそうです。

スロージョギングとは、「歩く程度のかなりゆっくりした速度で走る」ことで、「『遅筋』という持久力のある筋肉だけを使うスロージョギングは、なかなか疲れず、同じ距離当たりのエネルギー消費量はウォーキングの約2倍」で「脳の活性化にも役立つ」そうです。

やってみようと思います。スピードは時速5km~6kmくらいでしょうかね。           

オークションでの「ノークレーム・ノーリターン」

2月7日の日経新聞夕刊7面に「ほ~そうですか」というコーナーがあり、オークション取引に関するQ&Aが載っていました。私もネットオークションの利用者で、出品者になることもあれば落札者になることもあるので、オークション取引について興味を持っております。

ネットオークション取引は、民法上の売買契約にあたります。すなわち、出品者と落札者による「売ります⇔買います」という意思の合致による法律行為です。

以下、オークション取引ではよくあると思われる事業者でない個人間の取引を仮定します。
オークションの商品説明では「ノークレーム・ノーリターン」の表記をよく見かけますが、実はこの表記は出品者にとっても落札者にとっても非常に重要な意味を持っています。もしもこの表記がなければ、届いた商品に何らかの問題があった場合などにそのケースに応じて錯誤(間違い)による無効や詐欺による取消しの主張(民法95条)、あるいは瑕疵担保責任の追及(民法570条)を行うことが考えられますが、「ノークレーム・ノーリターン」の表記はそれらをすべて排除しているのです。つまり、出品者に有利な特約付きの売買契約を締結したことになります。契約自由の原則により、売買契約において特約を付すことは原則として自由ですから、「ノークレーム・ノーリターン」の特約に問題はありません。落札者はこの表記の有無を確認したり、価格との見合いで特約を受け入れるのが妥当か否か判断する必要があります。この表記を受け入れて売買契約を締結したならば、出品者がクレームや返品を受け付けてくれなくとも、落札者は何らの主張や追及をできません。

なお、上記の仮定のようなケースでない場合、つまり事業者でない個人間の取引ではない場合には、特約があろうとも出品者の瑕疵担保責任を追及できる消費者契約法というものが存在するようです。           
調べてみました!
考察・思考
お願い
当サイトにおける掲載内容やリンクなどで問題がある場合、お手数ですがメールにてご連絡ください。速やかに削除致します。jisyuusitsu@yahoo.co.jp
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。