スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           
  • ジャンル :

「クラウド」について考える

「クラウド」というIT用語を毎日のように新聞で見かけるようになりました。
1冊薄い本を買ってざっと読んでみたのですが、簡潔でかつ適切と思われる意味が載っていなかったので、Wikipediaなどを調べて自分なりに「クラウド」の意味を考えてみました。

「クラウド」とは、「クラウドコンピューティング(cloud computing)」の略称です。
Wikipediaによれば、定義としてアメリカ国立標準技術研究所の文言が採用されることが多いようですが、読んでもさっぱり理解できません。それならば、同じくWikipediaに載っている「クラウド」の概要の方がはるかにわかりやすいですので、以下に引用します。

従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人など)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。
ユーザーが用意すべきものは最低限の接続環境(パーソナルコンピュータや携帯情報端末などのクライアント、その上で動くブラウザ、インターネット接続環境など)のみであり、加えてクラウドサービス利用料金を支払う。実際に処理が実行されるコンピュータおよびコンピュータ間のネットワークは、サービスを提供する企業側に設置されており、それらのコンピュータ本体およびネットワークの購入・管理運営費用や蓄積されるデータの管理の手間は軽減される。
クラウドコンピューティングは、従来から存在するネットワーク・コンピューティング、ユーティリティコンピューティング、SaaSなどを言い替えたもの、あるいはこれらの要素を含み更に発展させたもの、などとされる。


ここで、「クラウド」の意味云々の前に着目すべきは最後の文だと思うのです。SaaSといった細かな用語はさておき、「クラウド」という革新的技術かのような用語の実態は、実は昔からあったものの延長線上にあるということです。ただ「クラウド」という新しい呼び方をここ数年し始めたというだけです。もちろん"今のクラウド"と"昔のクラウド"とでは技術レベルは異なるでしょうが・・・。

具体例として、Googleが提供するウェブメールサービスであるGmailをあげたいと思います。これは「クラウド」だそうです。しかし、Gmailのようなウェブメールサービスは最近になって始まったものでしょうか。いえいえそんなことはありません。かの有名なhotmailはGmailのサービスが始まる前からありました(1990年代後半から)。
また、シュガーシンクというオンラインストレージサービスがあり、これも「クラウド」だそうです。しかし、従来からYahooブリーフケースや、レンタルサーバーを借りればオンラインストレージになったわけですから、やはり今に始まったことではありません。

そして次は重要事項として着目すべきことです。「クラウド」は「コンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理」しないで、インターネットを介した向こう側にあるコンピュータがそれをするというものです。ハードウェアというのは一番わかりやすいのがサーバーコンピュータやハードディスクでしょう。ソフトウェアは、プログラムやデータベースでしょうか。
インターネットを介した向こう側にあるコンピュータからデータの保管・管理などのサービスを受けているのであれば、「クラウド」と考えることができるわけです。ですから例えば以下のようなケースは「クラウド」だといえます。挙げたらきりがありませんね。いずれもインターネットを介した向こう側にあるコンピュータから何かしらのデータの保管・管理サービスを受けるものです。

・レンタルブログ
・ツイッター
・mixiやfacebookなどのソーシャルメディア
・昔ながらのレンタル掲示板
・レンタルサーバ
・Gmail、hotmailなどのウェブメール
・オンラインストレージ
・YouTube、ニコニコ動画
・オンラインゲーム
・ネットショッピング
・ネットオークション

逆に「クラウド」でないものを考えてみると、より「クラウド」が際立つかもしれません。
例えば、以下のようなケースは「クラウド」ではないと認識します。

・ワードやエクセルで文書を作成する。
・Dreamweaverでウェブサイトを作成する。
・PowerDVDでオンラインレンタルしたDVDを鑑賞する。
・自前のサーバーコンピュータからウェブサイトをダウンロードし閲覧する。
・単にネットサーフィンをする。

最後の例は際どいですね。確かにアクセスするウェブサイトのサーバコンピュータは動きますが、単にネットサーフィンをするだけではハードウェア、ソフトウェア、データなどをそのサーバコンピュータが保有・管理などをしてくれるわけではないですから、「クラウド」にはあたらないと考えられます。

最後にオマケとして、私が参考書として購入した本に書かれていた「クラウド」サービスを列挙します。

シュガーシンク
ドロップボックス
Windows Live(hotmail、スカイドライブ、エクセル、ワード、パワーポイント、ワンノート、メッセンジャー)
GoogleAPPS
Gmail
エバーノート
セールスフォース
ツイッター
mixi
Facebook
Photoshop Express Editor
アマゾンウェブサービス(データベース、ストレージなど)
マジックブリーフケース
ポゴクラブ
キャッチノーツ
BIGLOBEゲートβ
flickr
読書メーター
Nozbe(ノズビー)

余談ですがGoogleAPPSを用いるとレンタルサーバーを契約せずにGmailに独自ドメインを適用してウェブメールを使うことができます。お名前ドットコムなどで独自ドメインを取得すれば「~@gmail.com」というアドレスは卒業です。ちょっと設定がやっかいですがそれは最初だけです。スマートフォンとも同期できますから、とても便利です。

今「同期」ということに触れましたが、「クラウド」で便利なのは、複数のPC、スマートフォンで「同期」ができるサービスが多いことですね。例えば、PCでGmailにログインしてアドレス帳に1件新規登録をしたら、スマートフォンのアドレス帳にもそれが反映されているのです。一昔前は「同期」なんてできませんでした。

今後究極的にはPCとOSとブラウザ1つで何もかもが出来てしまう時代へ向かっていくようです。

以上、「クラウド」についての考察でした。
誤りを指摘していただける方はぜひお願いします!           
スポンサーサイト

「3G」「無線LAN」「Wi-Fi」「WiMAX」違い分かりますか!?

昨今当たり前のように聞くようになった「3G(3rd Generation)」「無線LAN」「Wi-Fi」「WiMAX」といったIT用語。最近では「LTE」なる言葉も出始めました。皆様これらの用語を理解して使っていますか?
私は何となくいい加減に使ってしまっていたため、調べてみました。

まず「3G(3rd Generation)」。これは第3.*世代移動通信システムのことで、携帯電話の情報通信規格です。無線通信技術の規格ですね。第3世代や第3.5世代、第3.9世代などがあり、特に区別したい場合は、例えば"第3.9世代移動通信システム(「3.9G」)"と言ったりする場合もあります。第3世代としてはNTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・モバイルが採用している「W-CDMA」やKDDIが採用している「CDMA2000」があります。第3.5世代としては「HSPA (HSDPA HSUPA)」や「CDMA2000 1x EV-DO」があります。第3.9世代としては「LTE(Long Term Evolution)」や以下の「WiMAX」のところで具体的に触れる「モバイルWiMAX」が挙げられます。なお、「LTE-Advanced」と「WiMAX2」からなる次世代移動通信システム、すなわち第4.*世代移動通信システムである「4G(4th Generation)」に、第3.9世代「LTE」や「モバイルWiMAX」を含める場合もあるようです。

次に「無線LAN」。これには、IEEE(アイトリプルイーと読みます。)という学会が定めたIEEE 802.11シリーズ(IEEE 802.11*)という通信規格と、IEEE 802.15シリーズ(IEEE 802.15.**)というLAN(Local Area Network)の中での情報通信規格をいい、無線通信技術の規格です。
そして、前者のうち、とくにWi-Fi Allianceによって相互接続性の認定がなされた器機に"WiFi"というロゴが付されます。すなわち、「Wi-Fi」自体は情報通信規格ではなく、IEEE 802.11シリーズの一部(IEEE 802.11b or IEEE 802.11g or IEEE 802.11a or IEEE 802.11n)で情報通信をすることが可能であることを認定された"ブランド"にすぎないといえます。
ちなみに後者については、例えばIEEE 802.15.1(=Bluetooth)があります。
余談になりますが、暗号化規格については、WPA2×AESというのがより望ましいとのことです。

最後に「WiMAX」。これはIEEEが定めたIEEE 802.16a・IEEE 802.16dの両規格を整理・統合したIEEE 802.16-2004規格のことをいい、WAN(Wide Area Network)の中での無線通信技術の規格です。IEEE 802.11*やIEEE 802.15.**ではないですから「無線LAN」とは異なるものです。なお、わかりずらいですが、「モバイルWiMAX」というのもあり、これは第3.9世代移動通信システムの一つで、IEEE 802.16e-2005として規格が定められ、「3G」ないし「4G」の一角を担っています。

最後の最後にオマケですが、PCで情報通信を行う際に、近くに置いた携帯電話をモデム兼モバイルWi-Fiルータとして「3G」で通信を行うことがあります。これを「テザリング(Tethering)」といいます。この場合にPCと携帯電話間が無線であればWi-Fiテザリング、有線(USBケーブル)であればUSBテザリングとなります。Wi-Fiテザリングでは、PCと携帯電話間にIEEE 802.11シリーズの一部、そして携帯電話の3Gという2つの規格を介してワイヤレスの情報通信を行うわけですね。

いかがでしたでしょうか。情報通信規格の違いが大きなポイントといえそうです。
概ね合っていると思いますが、間違っていたらごめんなさい!           
調べてみました!
考察・思考
お願い
当サイトにおける掲載内容やリンクなどで問題がある場合、お手数ですがメールにてご連絡ください。速やかに削除致します。jisyuusitsu@yahoo.co.jp
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。